NVRとDVRの違い

NVRとDVRの違い

現在、NVR(ネットワークビデオレコーダー)はアナログカメラ専用のDVR(デジタルビデオレコーダー)に代わる録画装置として最も注目されています。

DVRが、アナログカメラの映像をケーブルでハードディスクに保存するのに対して、NVRはネットワークカメラの映像をLAN経由でハードディスクに保存します。
DVRはアナログカメラの伝達情報を一度デジタル情報に変換するため画質の劣化があり不鮮明な場合もあります。

監視カメラから録画装置までの回線にIPネットワークを利用すると、配線が簡素化したり、また遠隔地でのライブモニタリングなどが実現するという大きなメリットを生みます。

DVRからNVRへ

DVRでは個々のカメラと同軸ケーブルで配線しますが、NVRではLANケーブル一本で解決します。
本社から地方の拠点に設置した監視カメラの映像をネットワーク経由で確認することも可能です。

さらに、現在監視カメラのデジタル化により画質劣化のない高画質なメガピクセル化が進んでいます。
こうした映像を配信、保存できる機器がNVRと認知されました。

このような市場状況は急速なスピードで監視システムのデジタル化を加速させています。

DVRからNVRへ

NVRを利用する4つのメリット

1. 遠隔地でのモニタリングが可能。

1. 遠隔地でのモニタリングが可能。

2. 撮影データがデジタルなので、映像が劣化しない。

2. 撮影データがデジタルなので、映像が劣化しない。

3. データを大量に保存できる。

3. データを大量に保存できる。

4. 新たにカメラやレコーダーの追加も簡単。

4. 新たにカメラやレコーダーの追加も簡単。

NVRとDVRの録画画像の比較

NVRはネットワークカメラによって処理された情報をネットワーク経由で伝送されるため、画質の劣化がなく鮮明です。

NVRは画質の劣化がなく鮮明です

一方、DVRはアナログカメラの伝達情報を一度デジタル情報に変換するため、画質の劣化があり不鮮明です。

DVRは画質の劣化があり不鮮明です。