NVR市場拡大の理由

NVR市場拡大の理由

拡大しているネットワークビデオ市場

現在、アナログCCTV監視からネットワークビデオ監視への転換傾向はますます顕著になっております。

世界市場におけるネットワークビデオ監視製品は、2006年以来、毎年30%~40%という驚異的な伸び率を示しております。

これは今後、各業界においてNVR市場で一層の投資がなされることを裏付けするものと言えます。

訪日外国人の増加

東京オリンピックに向け、個人宅駐車場などにつけたい。車が集中するので高速道路の渋滞を監視したい。訪日外国人の増加への期待と不安から監視を強化したい。など、さまざまな職種での市場が拡大しています。

訪日外国人の増加

中小規模市場がターゲット

大規模事業所に向けたエンタープライズビジネスが飽和状態となった昨今、中小規模事業所を対象としたSMB市場が注目を集めています。
大規模なIT投資の成長が見込めなくなった今、NVRはまだ浸透の低い中小規模事業所向けの新しいビジネスとして認知されております。

コストを重視する小売店舗など、支店間のサブ中央管理システムに最適です。

中小規模市場がターゲット

監視からマーケティングへ新たな市場の成長

ネットワークビデオ監視はテナントビルやコンビニ店舗、パチンコホールなど監視箇所を拠点内で監視することが一般的でした。

現在、多店舗展開をする小売チェーン店やフードサービス店などの経営者は、本社でデスクワークをしながら遠隔でお客様の来店状況を監視できたり、出張で長期間の外出する場合、出張先から自宅の状況を監視することを可能とします。

リアルな顧客行動の調査を通して、具体的な次の一手が生まれ、新しいサービスを生み出すきっかけとなります。

監視からマーケティングへ新たな市場の成長