LTE Gateway+SK VMS

革新的なネットワークカメラ映像管理システムであるSK VMS
産業用LTE対応ゲートウェイに搭載した小型NVRモデルです。

LTE Gateway+SK VMS

LTE Gateway+SK VMSとは

厳しい環境下でも安定的に動作。障害時にリモート対応。最大4つのSIMを利用可能。アムニモ社製Edge Gateway型NVR です。

    エッジコンピューティングに
    最適化されたゲートウェイ

    • ARM製DualコアCPU(1GHz)/大容量なRAM(2GB)/eMMC(32GB)を搭載
    • Ubuntu Linux OSを採用(カスタムアプリを容易に開発可能)
    • Ethernetポートを5ポートもち、うち4ポートはPoEに対応
    • USB 2.0、RS-232、デジタルI/O(入力4点、出力2点)の
      インターフェイスを装備
    • 最大2TBのSSDを搭載(長時間大容量ビデオデータを保存可能)

    独自のノウハウで高い信頼性を実現

    • 瞬停などの際の不安定な電源で、安定した動作を可能とする電源バックアップ機構
    • 複数SIMの高速切替で通信障害を克服
    • 独自のモジュール制御手法で信頼性向上
    • クラウド連携で自動初期設定/遠隔保守
    • ハードウェア・ソフトウェアの設計開発を自社で実施しているため問題対応が迅速

    ※1.eSIMとは端末本体に埋め込まれるタイプのSIMのこと

特長

    安定運用

    • 複数SIM(SIM×2、eSIM×2※1)
    • 業界最速クラスのSIM(回線)切替機能
    • 電源バックアップ機能(瞬停対策)
    • PoE、USBの遠隔自動リブート

    ※1.eSIMとは端末本体に埋め込まれるタイプのSIMのこと

    PoE対応(最大40W)

    • 最大4台のPoEカメラの接続が可能
    • PoE電流制御

    SSD搭載

    • 512GB(最大2TB)

仕様

ハードウェア

CPU ARM Cortex-A53 Dual Core 1GHz
メモリ RAM 2GB
NOR FLASH 4MB
NAND FLASH 512MB
eMMC 32GB
OS Linux Ubuntu 18.04
GNSS GPS/QZSS, Galileo, GLONASS, BeiDou
通信方式 LTE (CAT.4), 3G
対応バンド LTE: B1, B3, B8, B18, B19, B21
WCDMA: B1, B6, B8, B19
(地域BWA対応版) LTE: B1, B18, B41(TDD)
アンテナ LTE/3G SMA x 2 (External Main, Sub)
GPS SMA x 1 (External)
インターフェース Ethernet 10/100/1000BASE-T 1+4 ポート
PoE 4ポート(802.3at)
Console RJ45
RS-232 Dsub 9pin DTE
DIO Output:2, Input:4
M.2 SATA 2280
SD SDXC
USB USB2.0 Type-A x 1
Extension PCIe (internal connector)
内蔵可能なストレージ 最大 2TB の SSD
寸法 177(D)×110(W)×44(H)mm (ただし突起含まず)
重さ 約820g
使用電源 DC 10.8V~32V
消費電力 最大 50W(PoE 40W)
動作温度 -20℃~60℃
動作湿度 10%~90% (結露しないこと)
保存温度 -20℃~70℃
オプション 外部LTEアンテナ(SMA-P)
外部GPSアンテナ(SMA-P)
ACアダプタ
保証 3年
別売りオプション製品 (AC アダプタ/アンテナ/金具等) :1年

仕様、及びデザイン、機能などの情報は、予告なく変更される場合があります。

ソフトウェア(SK VMS

カメラ追加 マニュアル/自動カメラサーチ
カメラ ネットワークカメラ(ONVIF、Axis、Canon、Sony、Panasonic)、HTTPリンク、RTSPストリーム
分割表示 自由な画面分割(最大64カメラ)
システム管理 IFTTTアラーム(イベント&ルールエンジン)、通知(クライアント内、Eメール)、アラームレイアウト、PTZプリセットの高度なトリガー設定、イベント録画、ヘルスモニタリング、オーディットトレール(監査証跡)、イベントログ、システムデバイスリスト、システムバックアップと復元、サーバーのリアルタイム同期
検索 スマートモーション検索、キーワード検索、プレビュー検索、カレンダー検索、イベント検索、ブックマーク、ズームウィンドウ、フレックスタイムライン、サムネイルプレビュー

仕様、及びデザイン、機能などの情報は、予告なく変更される場合があります。

デバイスマネジメントシステム(DMS)の概要

デバイスマネジメントシステムとは、Edge Gatewayとクラウドアプリケーションを連携させるシステムです。
これにより、デバイス本体や周辺機器の保守運用の手間やコストの削減を実現することができます。

    • 通信を利用したデバイスの自動初期設定 ※
      箱を開封してからわずかな手間で設定が完了し、すぐに配置することができます
    • 遠隔でのデバイスFirmwareの更新
      稼働中のデバイスの脆弱性対応やバグ修正を大きな手間をかけずに実施できます
      最新のFirmwareの機能を設置済みのデバイスで利用できます
    • 遠隔でのデバイスコンフィグレーションの更新
      稼働中のデバイスの各種設定を遠隔で修正することが可能です

    ※2021年4月以降に提供予定

    • 死活監視と遠隔リセット ※
      本体だけではなく、PoEで動作する周辺機器も死活監視と遠隔リセットをすることができます
    • デバイスの動作ログの取得
      問題発生時に詳細な原因解析が可能になります
    • 故障交換時のコンフィグレーションの引継ぎ
      交換用デバイスに元デバイスの設定情報を簡易な手順でコピーすることができます

LTE Gateway+SKVMSの
お問い合わせはこちら

お見積り、カメラのご提案など、お気軽にお問い合わせください!

 お問い合わせはこちら

おすすめ製品