ネットワークビデオレコーダー
(NVR)とは

ネットワークビデオレコーダー(NVR)とは

ネットワーク・ビデオ・レコーダー。略してNVRとは
ネットワークカメラの映像をIPネットワークを経由して録画する機器です。

以前、監視カメラなどの録画システムは、カメラの映像をビデオテープに録画するようなアナログなものでした。

IT革命後に瞬く間に進化を続け、現在、NVRはアナログカメラ専用のデジタルビデオレコーダ(DVR)に代わる録画装置として最も注目されています。

ネットワークビデオレコーダーができること

1. いつでもどこからでも監視

遠隔地でも24時間ライブモニタリングが可能です。

お使いのスマホ(iPhone、Android携帯)からアクセスして、ライブ画面とパンチルト操作を制御することができます。

詳細を見る
お使いのスマホからアクセス

2. 映像がきれい

せっかくの録画もアナログ時代のように、判別がつかない映像では意味がありません。

高解像度IPカメラによる鮮明な録画映像と広角撮影が可能。メガピクセルカメラのご利用にも最適。

鮮明な録画映像と広角撮影が可能

3. 設置場所に限界がない

大量のIPカメラ接続と集中管理で、さまざまな場所を分割して見渡すことが可能。
大量のIPカメラ接続と集中管理

4. 用途が多目的

技術の進化と多様なニーズに応え、防犯カメラのような監視のみから管理・マーケティングなど多目的な活用に!
管理・マーケティングなど多目的な活用

NVRと録画ソフトとの比較表

製品NVRシリーズ
(ネットワークカメラ
専用録画装置)
録画ソフト

パソコン
(録画サーバー)
OS Linuxベースが一般的 Windows
インストール 一切不要 サーバーソフト、ビューワソフト
HDD
容量
専用HDD(500GB/1TB/
2TB/3TB/4TB/
6TB/8TB)
PCの空き容量に依存
ディスプレイ 不要(クライアントPCで操作可) 録画サーバー用に必要
耐久性 録画システム自体がLinuxボード組込なので、24時間連続稼動が可能である。またHDD障害時でも録画システムの再インストールは不要。 Windowsシステムのため、他アプリケーションと併用など、トラブル時にシステム障害の可能性がある。またHDD障害時はWindowsや録画システムの再インストールが必要。
消費
電力
最大90W
(約1/3削減)
最大270W