データーセンター向け監視

データーセンター向け監視

― NVR導入のきっかけ ―顧客の情報漏洩対策

情報の価値の高まりとともに、情報に対する世の中の意識もとても高くなってきました。

そのなかで最も重要視しなければならないのが自社や顧客の情報漏えい対策です。

今後ますます重要視されるこの問題に対して、拡張性や費用対効果を検討した上で、どのような対応が最適なのかを模索していました。

具体的な活用方法

センターの入り口、廊下にネットワークカメラを設置し、入退出確認としての利用や死角の多いサーバールームでの不正行為の確認ができるようになりました。

24時間監視という課題に対して威力を発揮しました。

導入により期待される効果やメリット

1.共連れ、不正カードでの侵入防止

入退出カードリーダーと併用することで共連れや不正カードでの侵入を防ぎます。

2.作業者の意識改革

常に見られているという意識が作業者の不正抑止効果として表れました。

3.複数の監視室でのモニタリングにも対応。

特定のネットワークカメラのみを表示するなど、IPネットワークを活かし、クライアントの追加にも柔軟に対応。

機器構成図の一例

データーセンター向け監視の機器構成図