製造ライン向け監視

製造ライン向け監視

― 製造業界のNVR導入の背景 ―「品質管理の強化」と「現場作業の効率化」

近年、製造業界はセキュリティ強化を目的としたIPカメラシステム導入はほぼ完了しており、老朽化したカメラのリプレイスを除くと、新たな防犯カメラ導入は極めて稀です。

このページでご紹介する各工場の導入目的である【新たなカメラ活用方法】は以下の2点と言えます。

  • 「品質管理の強化」:製造ラインの生産過程の映像データを保存し、顧客への品質保証資料や事故発生時の証拠データに活用。
  • 「現場作業の効率化」:製造ラインの現場担当者の作業状況を録画して、作業管理や勤怠管理などに活用。

各工場NVR導入シーン

食品工場(製造ライン-フードディフェンス)のNVR導入のきっかけ問題発生の原因究明のための「品質管理の強化」

乳製品製造パックの印字部分に製造日付が印字されるはずが、印字されない状態で出荷されるという現象が発生。発生原因について判明することができなかったので、今後の対策として発生原因を究明できる仕組みづくりが必要となった。

具体的な活用方法

ライン全体撮影用(天井)と印字部分にカメラを設置し、印字状況を消費期限間中は録画保存。もし印字ミスがあった場合、何が原因でミスが行ったのかを時間軸と照らし合わせてチェックすることが可能になった。

機器構成図の一例

製造ライン向け監視の機器構成図

― 印刷工場のNVR導入のきっかけ ―印刷サービス品質管理の強化

個人情報保護の観点から個人情報が明記された書類の封詰め作業状況を顧客に対して開示することで、印刷サービス品質の向上を図る施策として導入に至った。

具体的な活用方法

携帯電話の請求書や健康保険の通知書などの封詰め作業を行うセクションに導入し、作業する手元をズームアップして録画。顧客への品質保証用データとして活用。

― アルミサッシ製造工場のNVR導入のきっかけ ―現場作業の効率化

樹脂サッシは自動ライン製造だが、窓枠組み立てセクションは作業員が組み立てる方式。

組み立てラインにIPカメラを導入し、従業員の作業状況を把握し、作業の効率化に結び付けるために導入されました。

具体的な活用方法

組み立てライン全体と従業員の手元を撮影。従業員の導線把握と作業内容のチェック。