NVRブログ

NTPサーバが防犯カメラの時間ズレの原因!?NVRでに設定すべき項目

NVRの知識 —

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、システム・ケイのシンゴりらです。
NVRを使い始める際に必ず、設定が必要な項目にNTPサーバとの時刻同期設定があります。
今回はNTPサーバとの時刻同期について説明していきます。
設定が忘れられていることが多いので、必ず確認して下さい。

 

NVRの時刻設定について

NVRの時刻設定には、マニュアル設定、PCと同期、NTPサーバと同期があります。

マニュアル設定やPCと同期で時刻設定を行った場合、
最初の一回のみしか時刻設定が行われません。
NVRに限らず、パソコン・サーバなどは時刻同期設定をしていない状態で使い続けると時刻がだんだんずれて行き、
いざ、録画画像を再生しようという時に、時刻がずれていると、目的の映像を探すのに、手間どり、信頼性もなくなります。
仮に、警察機関から防犯カメラの録画映像の提供を求められた際には、必ず時刻のずれの確認があります。

そのため、NVRの時刻設定はNTPサーバと同期することをお勧めします。

NTPサーバとは正しい時刻を配信するサーバです。
NTPサーバはタイムサーバとも言い、電話の時報117番のように常に正しい時刻を教えてくれます。NTPサーバ自身はGPSやNHK FM放送などから時刻を取得し、一般的に誤差±100ミリ秒未満(10分の1秒未満)の正確な時刻を刻んでいます。

NVRの時刻設定をNTPサーバと同期にすることで、一定時間ごとにNTPサーバが配信する時刻と同期し、時間がずれることを防いでくれます。

 

NTPサーバの種類

NVRが外部ネットワークに接続できる場合、プロバイダが提供しているNTPサーバがあれば、そちらを利用いただくのがよろしいと思います。
また、公開NTPサーバといって一般向けに公開されているNTPサーバが有りますのでこちらをご利用頂く方法もあります。
公開NTPサーバ例:ntp.nict.jp

NVRが外部ネットワークに接続できない、クローズした環境で、外部NTPサーバと時刻同期ができない場合には、下記のようなタイムサーバを設置する事で、NVRが常に正確な時刻となり、映像データ信頼性が向上します。

色々なタイプがありますが、弊社NVRと接続実績のある、タイムサーバとして下記の2機種をご紹介します。

CITIZEN TSV-400GP
https://tic.citizen.co.jp/timeserver/
タイムソースにGPSを使用したモデルです、窓があり、GPS電波を受信できる場合にお勧めです。

SEICO NaviClock SN-1010
タイムソースにFMラジオを使うモデルで、窓が無い場合にお勧めです。

 

まとめ

・NVRの時刻設定はNTPサーバと同期がお勧めです。
・NTPサーバは実際のネットワーク環境に合わせて選択して下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

メルマガ登録

月に1度ほどお得な情報、お役立ち情報をお届けします。ぜひご登録ください!(過去のメルマガを見る)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

個人情報の取扱いについて