NVRブログ

魚眼カメラの歪み補正(デワープ)機能がついたNVR紹介

NVRの知識 —

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。システム・ケイです。
今回は、魚眼カメラ映像のデワープ機能がついたNVRについて紹介します。

魚眼カメラの歪みをNVRで補正

魚眼カメラとは?

魚眼カメラって何?という方はまずはこちらの記事をご参照ください。利用することで、カメラ台数などのコストの削減が見込めます。

カメラ一台で広範囲の監視が可能に!魚眼レンズ(全方位)カメラの活用方法とは:
https://sk-vms.systemk.co.jp/blog/knowledge/fisheye-distortion-correction.php

デワープとは、通常丸く歪んで表示されてしまう魚眼カメラの映像を補正し、パノラマや歪みの少ない見え方に補正する機能のことです。

魚眼カメラ映像(オリジナル)

魚眼カメラ映像(オリジナル)

クリックすると拡大

パノラマ

パノラマ

クリックすると拡大

歪み補正分割

歪み補正分割

クリックすると拡大

弊社が販売するNVR-mini, NVR-0802PR, NVR-1602PRではVIVOTEK製 魚眼カメラ のデワープが可能です。

おすすめカメラ

VIVOTEK FE9380-HV
https://systemk-camera.jp/camera/lineup/vivotek/fe9380-hv/

VIVOTEK FE9380-HV

パノラマ映像や歪み補正分割の映像は、マウスで見える範囲を動かすこともできます。

デワープ補正はライブ映像・録画映像どちらでも行うことができます。ライブで利用すればPTZカメラのように1台のカメラで広い範囲を歪みなく確認でき、おすすめです!また補正はNVR側で行うため、〇型の映像で録画し、あとからデワープで見たいところを歪みなくフォーカスして見ることも行えます。

想定利用シーン

建設現場・工場・駐車場など広範囲を撮影する必要がある場所。
FE9380-HVなど屋外対応(IP66)のカメラがおすすめです!

魚眼カメラは、1台で広範囲を監視したい建設現場・工場・駐車場などにおすすめ

魚眼カメラを検討中の方は、ぜひ弊社のNVRをチェックしてください!
https://nvr.bz/

お知らせ登録

サポート情報やアップデートのお知らせ、応募可能なキャンペーン情報のご紹介など、お得な情報をお届けします。
過去のメールを見る