NVRトピックス

モバイル回線を使用したネットワークカメラの利用

導入事例 —

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は、モバイル回線を使用したネットワークカメラの利用について御紹介致します。

インターネット回線のないところにネットワークカメラを設置できないか?というお問合わせをよく頂きます。 短期間での利用や、回線工事が出来ない場所への監視カメラの設置には、モバイル回線を使用したネットワークカメラシステムの構築が可能です。

モバイル回線を使用する場合、カメラの設置場所は、以下の機器で構成されます。

  1. USB型データ通信端末 または、データカード
    (docomo、softbank、au、Ymobile等)
  2. モバイル通信端末対応ルータ
  3. ネットワークカメラ

ネットワークカメラの電源供給がPOEにのみ対応している場合、POEインジェクタが必要になります。

以下に2つの構成例を御紹介します。

1.ネットワークカメラ+ネットワークビデオレコーダー

ネットワークカメラの映像を事務所側に設置したネットワークビデオレコーダー NVRに録画する方法です。長期に録画映像を残したい場合、自社で録画データの管理を行いたい場合に、お勧めの構成です。

2.ネットワークカメラ+クラウド型カメラサービス

弊社クラウド型カメラサービス クラウドNVRを御利用頂く方法です。録画装置を自社で管理したくない場合や、短期利用のため初期費用を抑えたい場合、細かい設定が面倒な方にお勧めの構成です。

弊社のクラウドNVRサービスはプラグ&プレイに対応していますので、繋ぐだけで利用を開始することが出来ます。カメラ側に固定IPやDDNSサービスの利用も不要です。 録画映像は、弊社のクラウドNVRサーバーに保存されますので、自社で録画装置を管理する必要がありません。

※モバイル回線は、毎月の通信容量に制限があります。通信容量を超えた場合に、制限がかけられますので、各通信会社の制限事項を御確認の上、機種選定を行ってください。

お問い合わせはこちら