NVRトピックス

レコーダーの設置パターン紹介

導入事例 —

チェーン店舗など、複数拠点のカメラ監視を行う場合、用途に合わせたレコーダー(NVR)の設置が重要です。

今回は各拠点へのレコーダー設置と、センター(本部)側に設置するパターンを紹介いたします。

①各拠点にレコーダーを設定

各拠点にレコーダーを設置することで、インターネット回線が無くてもカメラ映像を録画できます。また、インターネット回線があれば、遠隔からカメラ映像をモニタリングできます。

【特長】

  • LAN経由の録画保存
    →現地にレコーダーを設置することで、安定した録画が可能
  • インターネット回線無しで管理可能
    →現地からの監視だけであれば、インターネット回線は不要

【システム構成イメージ】

各拠点にレコーダーを設定した場合のシステム構成イメージ

②本部側にレコーダーを設置

本部側にレコーダーを設置して、インターネット経由でセンター集中録画を行うパターンです。各拠点にレコーダーが不要なので、導入費用や管理コストが削減できます。

【特長】

  • 本部側にのみレコーダーを設置
    →レコーダー導入費用削減
  • 本部側でシステム一括管理可能
    →現地の管理メンテナンスコスト削減

【システム構成イメージ】

本部側にレコーダーを設置した場合のシステム構成イメージ

お問い合わせはこちら