NVRブログ

ファンレスレコーダーのメリット、デメリットは?

NVRの知識 —

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!システム・ケイ昭和生まれのヨッシーです。
弊社で販売しているNVR-200シリーズはファンレスレコーダーです。この特徴について説明します。

ファン画像

 

ファンは何のためについているの?

PCを含めて一般的なレコーダーはファンが付いています。
では、何のためにファンが付いているのでしょうか?
それは、筐体内部の熱を外に逃がすためです。
 

どうして筐体内部は熱くなるの?

熱の2大発生源はCPUとHDDです(他のパーツも発熱しますが、この2つが特に発熱します)。デスクトップPCに搭載しているCPUは、その真上に冷却用ファンが付いています。CPUはそれくらい発熱するパーツで、高性能なCPUほど発熱します。
ノートPCは発熱の少ないCPUを搭載しています(MACでは、MacBook ProやMacBook Airはファンを搭載していますが、MacBookはファンレスです)。
 

筐体内部が熱くなるとどうなるの?

熱暴走という現象が発生します。CPUは動作を停止し、メモリーは保持しているデータ値が不正になります。また、HDDは動作不良や故障が発生します。
つまり、レコーダーとして機能しなくなります。
 

ファンレスレコーダーは何が良いの?

ファンを無くすことで、以下のメリットがあります。

メリット 詳細
消音化 レコーダーの騒音はHDDのシーク音とファンの回転音です。
音源の1つが減ることで消音化できます。
故障率低下 ファン故障はレコーダーの故障原因の2番目です。
ファンレスにすることで故障原因の1つが減ります。
消費電力が少ない ファンを回す電力が不要のため、少しですが消費電力が少なくなります。
掃除が不要 ファンがないため、筐体の隙間や通気口に埃がたまりません。

 
ファンが無いことで、以下のデメリットがあります。

デメリット 詳細
高性能CPU搭載不可 高性能なCPUは発熱が多いためファンレスの筐体には搭載できません。
筐体が熱くなる 筐体全体で放熱するため、筐体が熱くなります。

 

ファンが原因の故障例

ファンを搭載したレコーダーの故障例を紹介します。
録画および録画再生ができないという内容でした(ライブ映像の閲覧は可能)。
修理のためレコーダーを回収して確認したところ、吸気口に動物の毛と埃が詰まっていました。
吸気口が詰まったことで排熱ができず、筐体内部温度の上昇によりHDDが故障したと推測できます。
幸い出荷から2年以内でしたので、HDD交換により無償修理できました。

 

ファンレスレコーダーの推奨環境

ファンレスレコーダーは、以下のような場所への設置におすすめです。

ファンレスレコーダーの推奨環境
工場などの埃や塵の多い場所
個人宅などの静かな場所
ペットがいる場所
高所などの設置後のお手入れが行き届きにくい場所

 

まとめ

・ファンレス レコーダーは、消音で故障率が低い
・埃や塵が多い場所やペットがいる場所に設置できる
・掃除が不要

 
ファンレスレコーダー(NVR-200シリーズ)のご検討をよろしくお願いします。

メルマガ登録

月に1度ほどお得な情報、お役立ち情報をお届けします。ぜひご登録ください!(過去のメルマガを見る)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

個人情報の取扱いについて